リハビリの世界の話を患者さんやそのご家族、またこれからリハビリに興味を持ちたいかたなど、リハビリの専門家ではないかたにも読んでいただけるようわかりやすいことばでブログにしてみました。趣味の話も少々。                    (旧タイトル・理学療法士板東蓮三郎の視点論点)

アメリカ人の良い習慣

 以前英語堪能のバイリンガルの女性の骨折後のリハビリを担当しました。
 横浜のインターナショナルスクールの学生時代、同級生と電車の中でおしゃべりをしていて、つい今まで日本語で会話をしていたのにわざと急に英語に切り替えてみたりして楽しんでいたそうです。(本当はそんなこと、私がしてみたかったです。私の英語のレベルはそこまでいっていません。)
 彼女はアメリカでも生活したことがあるのだそうですが、「絶対に日本のほうが暮らしやすい。」と話していたのが印象に残っています。

 日本の健康保険制度のようなものをアメリカでオバマ大統領が作ろうとしても、個人の権利主張が強いアメリカでは「どうして他人の病気のためにお金(健康保険料)を払わなくてはいけないのか?」という考えかたが根強く、健康保険制度のための法案(オバマ法案)をトランプ大統領は覆そうとしています。
 このような考えかたが健康保険制度創成期の日本にもあったらしいことが、NHKの大河ドラマ「いのち」の中の出演者のせりふにありました。
 健康保険制度はいま大きな赤字を生み出し国の財政は逼迫していますが、この制度のおかげで誰でも病気のときは安心して医療の恩恵に浴することができる日本は幸福です。アメリカではおちおち病気になれません。

 先日新聞の投書欄を読んでいると、アメリカ留学から帰ってきた若い女性の投書に目が止まりました。
 彼女もやはり、日本は安心で暮らしやすいと言っています。
 しかしアメリカでは知らない人でも目が合えばにこっとする習慣があるが、日本人は知らない人と目が合っても、にこりともせず無表情で、皆が怒って歩いているみたいだと感じたそうです。
 私がアメリカ本土やハワイを訪ねたときも確かにアメリカ人はフレンドリーで、慣れない私にはちょっとどっきりでした。
 こんな習慣は見習っていければいいのにと思いますが、せめて職場の中だけでもと目が合えば誰とでもできるだけにこにこするようにしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://to4580.blog11.fc2.com/tb.php/997-e198d59e
<< クレープ | TOP | 年金生活の元検査技師 >>