リハビリの世界の話を患者さんやそのご家族、またこれからリハビリに興味を持ちたいかたなど、リハビリの専門家ではないかたにも読んでいただけるようわかりやすいことばでブログにしてみました。趣味の話も少々。                    (旧タイトル・理学療法士板東蓮三郎の視点論点)

視力の悩み

 私は若い頃は視力で悩むことは全くなく、小さい頃からめがねを使用ししばしば作り替えている人を見て、大変だなあ、と思っても彼らの苦しみは本当にはわかってこなかったように思います。
 視力検査をすると右も左もいつも「2・0」で、それは30代のはじめまで続きました。
 また私は大型自動車の運転免許を持っているのですが、大型免許を取るのに追加される「深視力検査」という3つの棒が横1線に並んだ瞬間をボタンを押して答えるテストでも検査官から「すばらしい目だな」と言われたこともありました。
 視力が良く「遠視」とも言われてたためか医師からは「あなたは老眼が早く来ますよ。」と言われていました。ただ検査では乱視もあることは指摘されていました。

 異変を感じるようになったのはパソコンを使う機会が多くなった30代半ばごろからです。
 視力が落ちてきた原因が年齢のせいなのかパソコンのせいなのかはわかりません。
 運転をしていて前を走る車のナンバーが「11」なのか「111」なのか確信をもって即答できなくなってきました。目を細めてやっとわかる感じで乱視が強くなったようです。
 自動車の免許の更新では、リングの欠けている方向を答えるふつうの視力検査はなんとかパスするものの、深視力検査でとても苦戦するようになってしまい、前回の免許更新時から「大型を運転するときはめがねを使用する」という条件がつきました。
 眼科で、「あなたの目は奥行きがあるものを修正して見ようとする努力をサボる目だ。めがねをかけたほうがいい。」と言われたのはショックでした。

 もうすぐ自動車免許の更新が近づいています。今回は、深視力検査だけでなく、ふつうの視力検査でも裸眼ではパスできずにめがね使用の条件がつきそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://to4580.blog11.fc2.com/tb.php/981-4b2b7a0e
<< 初めてのめがね | TOP | カレー >>