FC2ブログ

リハビリの世界の話を患者さんやそのご家族、またこれからリハビリに興味を持ちたいかたなど、リハビリの専門家ではないかたにも読んでいただけるようわかりやすいことばでブログにしてみました。趣味の話も少々。                    (旧タイトル・理学療法士板東蓮三郎の視点論点)

アスリートがリハビリ

 以前病院に勤務していたとき、ある有名なスポーツ選手がリハビリテーション室にかよってきていました。
 彼は一度現役を引退したものの、小さいお子さんのために現役復帰を決意し、それに備えて身体を治しに来ていたのでした。

 ある日、そんな彼の現役復帰をニュースにしようと、あるテレビ局のスポーツニュース番組のクルーが一緒にやってきました。現役復帰に向けて苦しいリハビリに歯を食いしばってがんばっている絵を撮ろうと思ったようです。
 彼が受けていたのは腰掛けて機械で頸の牽引を受ける治療と、これも腰掛けて頸部周囲に付けた電極で電気を流して筋肉の緊張を和らげる低周波治療です。2つともじっと動かず、また歯を食いしばっておこなうようなものでもありません。
 テレビのカメラはそんな治療を受けている彼の顔をいろいろな角度からズームアップする映像を撮っていました。
 これでは絵的にニュースにならないだろうということは素人の私でもわかりましたが、テレビで彼のことが取り上げられたとき、案の定、リハビリテーション室で撮った絵は使われませんでした。

 世間の人が想像するアスリートのリハビリは、現実とはだいぶ違うのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://to4580.blog11.fc2.com/tb.php/1075-913e613c
<< 高齢者とブラジャー | TOP | ゴム製品? >>