FC2ブログ

リハビリの世界の話を患者さんやそのご家族、またこれからリハビリに興味を持ちたいかたなど、リハビリの専門家ではないかたにも読んでいただけるようわかりやすいことばでブログにしてみました。趣味の話も少々。                    (旧タイトル・理学療法士板東蓮三郎の視点論点)

脳挫傷

 初めてハワイに行ったときに、現地でのオプショナルツアーの説明会で担当者がお勧めのツアーとして、背中にパラシュートをつけモーターボートに引っ張ってもらって海上を空中遊泳する「パラセーリング」をあげていました。
 空中にあがるとまったく音がない状態になり独特の開放感が味わえるとの説明を聞き、それ以来ずっと一度経験してみたいと考えているのですが、まだ実現していません。

 以前に(パラセーリングとは少し違いますが)パラグライダーをやっていて墜落し頭を打って脳挫傷になってしまった30代の男性の患者さんを担当したことがあります。
 墜落後しばらく意識不明の臥床時間があったため、いくつかの筋肉が短縮して関節の動きが制限され歩き方にぎごちなさが見られましたが、T字杖を使えば通常に近い生活は送れそうでした。
 一番問題だったのは記憶障害で、お話ししていると普通の人のようなのですが、次回のリハビリの約束をしたり私がいない日をお伝えしても、正しく覚えていることができず、紙に書いてお渡しするか、奥様が同伴してきたときは奥様にお伝えしなければなりませんでした。
 「頭を打つとこんな風になっちゃうことがあるのか。」と思い知らされた患者さんです。
 私も空を飛んでみたい夢を考え直したほうがいいのかなあ、と思ってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://to4580.blog11.fc2.com/tb.php/1061-6c65364d
<< 脳の中の役割分担 | TOP | 患者さんを記憶 >>