FC2ブログ

リハビリの世界の話を患者さんやそのご家族、またこれからリハビリに興味を持ちたいかたなど、リハビリの専門家ではないかたにも読んでいただけるようわかりやすいことばでブログにしてみました。趣味の話も少々。                    (旧タイトル・理学療法士板東蓮三郎の視点論点)

2度経験しないと①

 以前町を車で走っていて、運転席の横のガラスが割れている車が停まっているのを見かけました。さらにもう1台、同じ場所のガラスが割れている車がいます。「ああ、この2台でぶつかったんだな。」と思っていました。
 ところがさらに車を進めるともう1台同じ場所のガラスが割れている車が停まっています。ここへ来て初めて、「これは誰かにいたずらで割られたんだ。」と気づきました。
 3台見ないと気づくことができなかったのです

 身体に起こることでも最初は原因がよくわからず、複数回同じ症状を繰り返して初めて因果関係に気づくことがあります。

 病院に就職して、いろいろな部署の男性職員たちで構成された野球部に入りました。
 私にとっては久しぶりの野球で張り切って参加したのですが、翌日背骨と右側の肩甲骨の間あたりがとても痛くなりました。
 しかしこの痛みが前日の野球と関係があるとはそのときは考えませんでした。
 ところがその数週間後、また野球部で活動をしたところ、翌日また同じ部位に痛みを感じ、やっと野球でふだん使わない筋肉に強い負荷をかけたことが原因で痛みが起こったことに気づかされました。
 もっと若いときは野球をする前にストレッチなどの準備運動をせずにプレーしてもそのような痛みが出たことなどなかったので気づけませんでしたが、運動前の準備運動がなぜ必要なのか、ということと、準備運動なしに運動を始めてはいけない年齢になったんだ、ということを思い知らされました。
 理学療法士のくせに自分で2回経験してみないとそんなことも本当には理解していませんでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://to4580.blog11.fc2.com/tb.php/1038-3feabeef
<< 2度経験しないと② | TOP | 半身不随 >>